芽生えるポジティブな感情|初めての人でもわかるコーチングとnlp

ビジネスでの注意点

講義

商品を開発するときに

知財に扱う時に気を付けなければいけないのが「権利の侵害」です。これは商品開発のどこかの段階で既存の商品と被っていないか調べることで侵害の有無を確認し、先に開発している商品が持つ知財を侵す事を避けるためです。法律で守られている権利を侵害することは、それが無自覚であっても裁判になってしまうこともあります。その結果として多額の損害賠償と多大な在庫を抱えてしまうことになりかねません。廃棄するしかない在庫を作らないように調整しなければなりません。権利者と交渉することで相手が納得してお互いに利益が得られる提案をしましょう。そのためにも知財に関するセミナーを受けて知識を豊富に持つことが大事です。権利者に対して提案する立場は対等ではありません。権利者が自分に損があると判断すれば、契約を結ぶ前に拒否すれば良いだけです。そうならないようにセミナーで様々な手段を学び、ケースに合わせた最適な契約方法を知っておく必要があります。

一人で学ぶには限界がある

知財は非常に複雑です。素人では判断が難しい場合も多く、そこで企業として専門家を雇い判断を任せることもよくあります。ですが、それが大企業で大所帯なら知財の種類ごとに精通している人材を充てれますが、中小企業では多く雇うことが難しいために知財の知識を一人がより深く持たなければいけません。個人で勉強することも重要ですが、そうするとどうしても得意分野に偏ってしまいます。大企業ならばそれでも問題ありませんが、中小企業のように少人数で知財を管理する場合は一人当たりがカバーする範囲も大きくなります。セミナーは別の視点を持つことで知識の運用法を多く知る良い機会です。多くの経験を持つ人物から受けられる知識は、当人の著書で同じ事柄に触れていたとしてもより細かな部分を聞けるのがセミナーの特徴です。