芽生えるポジティブな感情|初めての人でもわかるコーチングとnlp

仕事内容と資格を取る方法

ハートを持つ医者

仕事内容と心構え

言語聴覚士の仕事とは、日常生活を円滑に送るために必要不可欠な「話す・聞く・食べる」をサポートすることです。病気やケガ、加齢などが原因で今までできていたことが不自由になる場合があります。また、生まれつきの障害で「話す・聞く・食べる」といったことが困難な方もいらっしゃいます。そういった方の訓練や指導、サポートを行うことが言語聴覚士の仕事です。お年寄りから幼児まで、幅広い年齢層の方のサポートを行うため、患者の気持ちに寄り添える優しさと包容力を持って仕事にあたらなければなりません。また、重い障害を持っている患者とのコミュニケーションは、大変ですがとても重要です。相手の感情を読み取る洞察力や想像力も必要な職業なのです。

受験資格を得るには

では、言語聴覚士になるにはどうしたら良いのでしょうか。国家試験に合格して資格を取得しなければなりません。文部科学大臣が指定した大学で学ぶ方法、言語聴覚士養成所に入学して学ぶ方法など何通りかの方法があります。一番最短で受験資格を得る方法は、高等学校卒業後に国が指定した専門学校に入学することです。卒業後に受験資格を得ることができます。近年では、言語聴覚士養成学校も増えてきています。学校を選ぶ際には、注意が必要なこともあります。それぞれの学校で特色があり、学べることも違ってきます。技術的な面を重視している学校や、反対に理論的な面を重視している学校もあります。自分が目指す言語聴覚士により近づけるカリキュラムがあるのかどうか、調べておくことが大切です。